スーツ大辞典

スーツ生地でもっともポピュラーなものとは:オーダースーツ辞典:Suit-Ya

2013/01/28

スーツ生地柄


今回はスーツ生地でもっともポピュラーな生地柄をご紹介します。


 


・チョークストライプ


チョークで引いたような太さの線で、少しぼやけているのが特徴です。


フランネルなどの紡毛素材の生地と相性が良いです。


 


・ペンシルストライプ


名前の通り鉛筆で書いたような太さのストライプです。


チョークストライプよりも細く、ピッチ幅も細めです。


 


・グレンチェック


スコットランドのアーカートという地の谷間(グレン)で織られたことからこの名前がつけられました。


千鳥格子がモチーフとなっています。


 


・ハウンドトゥース


一つ一つの柄が犬の牙の形に似ていることで名づけられました。


日本では千鳥格子とも呼ばれます。


基本は黒×白、茶×白です。


 


・ヘリンボーン


斜めの線が交互に並べられたクラシックなファンシー柄です。


ツイードのジャケットで多様されます。


名前の由来は、魚のにしん(ヘリン)の骨(ボーン)に似ていることから、この名前が名づけられました。


 


・マルチストライプ


数色を組み合わせたストライプで、太さや配色はさまざまです。


コーディネートを華やかにしたい場合は、色目のあるものがおすすめです。


 


・ピンストライプ


ピンで突いたような点が連続して並び、点線になっているストライプのこと。


地色と縞の色の濃淡の差が大きい場合が多いです。


 


・バーズアイ


小さな円の中心に小さなドットを配した、鳥の目状の点を並べたもの。


名前も、鳥の目を意味します。


 


・ヘアラインストライプ


髪の毛のように細かい濃い色系と淡い色系を交互に配列して織り上げた柄。


細い線が平行して現れます。


配色は白と紺が主流です。


 


・ロンドンストライプ


正式な名称はブロックストライプです。


5mmくらいの太い線が等間隔に並んでいます。


色は白×濃色が基本です。


英国調の雰囲気がでます。


 


・オルタネートストライプ


二色の異なった色と柄のストライプを交互に配列した柄。


クラシックなイメージを持っていて落ち着いた品のよさが演出できます。


 


・ウインドーペン


細い直線が垂直に交差して、窓枠のような四角形で構成された単純な格子柄。


英国のカントリー調の柄です。


19世紀に英国で大流行しました。


 


 


・ガンクラブ


一色の格子の間に別色の格子を配した柄のこと。


元は英国の狩猟クラブユニホーム柄だったことから付いた名前です。


 


・タータンチェック


元来スコットランドの住民が使っていた格子の紡毛織物。


縦と横の縞割が等しい大柄の格子で、紋章にも使われていました。


 


 


無料生地サンプル提供中!

無料相談

生地サンプル

よくある質問
ご注文フォーム
ご注文フォーム
BLOG
アスリート応援します。Suit-ya
Suit-ya.com
Suit-ya.net
Blacksuit.jp
Shirt.jp
Recruit.jp
Suit-ya
OrderCompany
OrderCompany Blog
http://www.suit-ya.com/order_sample/
http://www.suit-ya.com/koe/