スーツ大辞典

お気に入りのシャツを長持ちさせましょう!:オーダースーツ辞典:Suit-Ya

2013/02/25

お気に入りのシャツを長持ちさせる方法をお教えします。


 


立体的に作られているシャツは、曲面を裁断にあわせてプレスするのがコツです。


プレスし終わった部分に新たなしわを作らないためにも、小さいパーツから大きいパーツの手順で作業をすすめていくと良いです。


身頃などの広い部分はあらかじめ手でしわを伸ばしてからプレスするようにするとスムーズです。


 


<プレス方法>


①左右のカフスから行います。


押し当てるようにして裏側からプレスしましょう。


 


②袖は肩のラインにしわを付けないように意識してセンターをプレスします。


 


③前身頃をプレスします。


ボタン周りはアイロンの先端を使うとうまくいきます。


 


④台襟や前立ては写真のように生地を持ち上げ、アイロンの先端を押し当てながらプレスしましょう。


 


⑤後ろ身頃をプレスします。


プリーツやギャザーをプレスするのは避けましょう。


 


⑥ヨーク周りはアイロン台の角を駆使したり、生地を回転させたりして立体的に仕上げるようにするのがポイントです。


 


⑦しわの入りやすい脇部分は袖を上に上げてプレスすると良いです。


 


⑧最後に襟をおこないます。


裏側を、外から内に向かってプレスします。


 


 


【ネクタイのしわ】


一般的なネクタイの素材に使用されるシルクは、アイロンでプレスするのはあまりおすすめしません。


プレスすることで、生地にてかりがでてしまうからです。


しわになってしまった場合は、生地から3-4cm離してスチーマーを使用するのがおすすめです。


流すように蒸気をあてましょう。


ネクタイの立体感をつぶさずにしわをとることができます。


 


また、ネクタイを畳んで保管するようにするのもおすすめです。


二つ折りにし、折り目からゆるく巻いていきます。


素材の特性上、丸めることで全体にテンションがかかるため、折り目もつかず、しわも伸びやすいです。


 


 


<ネクタイのケア方法>


・生地表面にできる毛羽立ちは、糸きりバサミでカットしましょう。


・ネクタイのヨレは、大剣裏のたるみ糸を引っ張ることで解消されます。


 


 


 


 


<畳み方>


シャツを畳んで保管する方法をご紹介します。


 


①ボタンを全て留めて、裏返します。


 


②肩幅の中ほどから中心軸と平行に折ります。


 


③折り返した側の袖を、中心軸と平行になるように付け根から折り曲げます。


 


④反対側も同じ手順で行います。


左右対称になるように折り幅を調節しましょう。


 


⑤裾部分を両袖口とともに折り返し、全体を2つ折りにします。


 


⑥表に返して形を整えたら完成です。


 


 


 


 


 


無料生地サンプル提供中!

無料相談

生地サンプル

よくある質問
ご注文フォーム
ご注文フォーム
BLOG
アスリート応援します。Suit-ya
Suit-ya.com
Suit-ya.net
Blacksuit.jp
Shirt.jp
Recruit.jp
Suit-ya
OrderCompany
OrderCompany Blog
http://www.suit-ya.com/order_sample/
http://www.suit-ya.com/koe/