働く女性はみんなスーツのサイズに悩んでいる

働くOLの方100人に「スーツの悩みは何ですか?」とアンケート調査を実施した結果、
その結果、1位は「サイズ」に関しての悩みなんです。

ゆるゆるでスーツに着られている・・・、
ムチムチしたスーツ姿・・・
これでは折角のスーツ姿でも自信を持って着こなせないですよね。

ここでは「似合うスーツ選び」に関してお知らせしていきたいとおもいます。
サイズ選びや生地選びによっても印象をだいぶ変えてくれる方法をお知らせしちゃいます!

また、スーツ選びにご不安がある方は、お気軽にLa’sartoスタッフにご相談ください。
ご相談フォームへ>>

体型別似合うスーツの選び方

生地の柄や色、スーツの形などスーツ選びの際のちょっとしたテクニックによって、よりスーツがジャストサイに見えてしまう方法をお知らせしますね。

背が低い方

低い方狭めの縦のストライプ柄が似合います。ストライプ柄には縦に膨張して見せる作用があるからです。
またVゾーン(シャツが見える箇所)を華やかにする等、工夫することによって、背の低さを感じさせにくいスーツとなるでしょう。

ほっそりさん

ほっそりさんスーツを着ているという印象より、スーツに着られているという印象を受ける場合が多くあります。
このような方は特にサイズ感がとても大事です。サイズがぴったりしていると、より体にフィットした印象を与え、スーツに着られているという印象をなくすことができるからです。

ぽっちゃりさん

ぽっちゃりさんスリムなスーツを無理に着ないほうが良いです。あえて少しゆったりしたスーツに、くっきりとピッチの太いストライプの入ったスーツが引き締まって見え似合います。
しかし、あまりにオーバーサイズで余裕のあるスーツを着る場合、余計にぽっちゃりに見えてしまいます。ポイントは少しゆったりしたサイズのスーツをジャストに着ましょう。またカラーとしては、ダーク系のスーツはベージュなどの膨張色に比べ体を引き締めて見せてくれます。

 

 

今、ご紹介した方法は一種のテクニックです、やはりどんな体型でもジャストサイズのスーツを選ぶことを基本とし、その上で、体型にあったスーツの柄や色合いなどを選ぶと良いでしょう。

失敗しない女性スーツの選び方

サイズがぴったりなこと

特に女性のスーツラインはとても重要です。
ジャケットでは後ろからみたシルエットやくびれ部分、パンツはヒップで履くと言われているほど重要な部分です。

体型が特殊な人はなかなか市販の服ではカバーしきれない部分があります。
なぜなら、市販の服はできた状態が完璧な状態です。そこに大きな補正を加えるということは形が崩れてしまうことになります。

最近では女性向けのオーダースーツを作ってくれるお店が増えてきています。
しかし、パターンオーダーでは補正しきれない部分があるのでご注意して下さい。
パターンオーダーに頼らない、オーダースーツはあなただけのサイズで仕立ててくれるため、体にフィットしたぴったりのスーツづくりが可能です。

料金が安いこと

スーツでよくご相談をうけるのが「料金の分かりにくさ」です。

オーダースーツは高くて料金が不明確なイメージがありますが、最近ではお値打ちで明確に女性向けオーダースーツを販売しているところでてきました。

生地もグレードによって値段が高くなったり、本あきロールアップやハンドステッチ等にオプション料金を設定しているところがほとんどです。
最近ではオプション料金をやめて通常仕様にしているところもありますし、料金を明確に打ち出している所が増えてきました。安心できるスーツ屋さんを探してみて下さい。

ただ、先ほどもお伝えしましたが、パターンオーダーでは対応できない補正部分がありますので、選ぶ際にはしっかり見極めて下さいね。
オーダースーツ種類について説明のないところは大体パターンオーダーが多いのが現状です。

生地をきちんと選ぶこと

1、シワになりにくい生地を選ぶこと
そのためには100%ウール素材を使用している生地を選ぶことが大きなポイントです
ウールは天然素材のため、型崩れしにくく、シワになりにくい素材で、お手入れも簡単ラクラクなんです。

2、高級感のある生地を選ぶこと
テカテカの安っぽいスーツでは、折角のスーツも台無しですよね。
高級な生地の見分け方が「Super」表示のありなしです。
この数字は生地の織り方の違いにより異なり、この数字が高いほど生地がきめ細かく高級品といわれております。通常のビジネスシーンでは、120〜180前後が着心地も良好で耐久性、高級感もあり、向いていると一般的に言われています。

また、生地生産の伝統国であるイギリスやイタリア産の知識もしっておくと便利でしょう。

・イギリス産生地
パリッとした印象や強いイメージを与えてくれる生地多い。スーツ発祥国ならではの生地で特にビジネス向け

・イタリア産生地
流行に敏感で色の豊富さや艶感では他国を圧倒し、ソフトな着心地を与えてくれます。

スーツを着る目的は何か、どんな風に着たいかなどによって、生地の特徴や質で使い分けてみるのも賢い選び方です

無料生地サンプル提供中!

無料相談

生地サンプル

よくある質問
ご注文フォーム
ご注文フォーム
BLOG
アスリート応援します。Suit-ya
Suit-ya.com
Suit-ya.net
Blacksuit.jp
Shirt.jp
Recruit.jp
Suit-ya
OrderCompany
OrderCompany Blog
http://www.suit-ya.com/order_sample/
http://www.suit-ya.com/koe/